お酒を飲まないのにガンマGtp値が高いのは何故?

γGtpの値が高いと言う血液検査の結果が出ると問診で必ずお酒は飲みますか?休肝日作っていますかとアルコール過剰摂取を疑われます。

 

でも、自分はお酒飲まないのにと言う人もまれにいます。

 

γGtpは、肝細胞に含まれている酵素の一種です、肝細胞が破壊されることで血中に流れ出すと言う特徴があるため
γGtpの値が高いと言う事は、肝細胞が壊れて血中に多く流れだしていますよって状態です。

 

アルコールを多く摂取すると肝臓でのアルコール分解処理が追いつかなくて、肝臓にダメージを与えて炎症が起き
血中にγGtpが流れだしてします

 

なので、お酒を控えましょうと言われるのです。
ただし、お酒を飲まないし栄養バランスにも気をつけていると考えているあなたがもしγGtpが高いなら2つの原因が考えられます

 

 

1つめは、肝臓の病気になっている

肝細胞が壊れている状態だとγGtpが高くなっているので、アルコールが原因じゃなくてもあなたの肝臓が弱っている場合には
γGtpが高くなっています。重大な状態だと肝硬変や肝臓がんなどの疑いがありますので
精密検査を受けることをおすすめします

 

2つめは、ストレスや乱れた食生活など

体に負担がかかる今の時代、現代病として様々な要因が考えられます

 

ストレス、頭脳労働、乱れた食生活、食品添加物、化学物質など
栄養バランスを考えていても外食やコンビニ食、お惣菜などを口にしていたら
添加物や化学物質など私達の生活ではきってもきれないものとなっています。

 

若い人でも生活習慣病の心配が増えていますので
日頃からしじみを食べる習慣を着けておくなどすると、健康的な体の維持に期待できます。