しじみでγGtpが下がるって本当なの?しじみ効果を検証

しじみでγGtpが下がるって本当なの?しじみとγGtpにどんな関係があるんだよと疑ってしまって嘘だろーと思いましたがどうやら、これは本当にγGtpを下げる効果がしじみにあると判明しました。

 

そもそもγGtpとは何か?何故値が高くなるのかって話を先にさせてください。

 

γGtpって何?

健康診断などで血液検査の結果表で肝機能部分に出てくる項目
GOT,GPT,γ-GTPって感じですよね

 

γGtpの値が高いねーお酒を控えましょう、休肝日作りましょうなんて言われるとおり
アルコール摂取が大きな原因として値が上がります
(お酒を飲まない人でもγGtpが高い人も居ますのでアルコールだけが原因ではありません)

 

γ-GTP(γグルタミルトランスペプチダーゼ)は、肝臓の働きである解毒作用に関係している酵素です。
そう、酵素の名前なんです。

 

γGtpってなんで高くなるの?

この酵素がアルコールを摂取した時に解毒作用として毒素を分解する際に大量に使われて
お酒の摂取が多くなることで、解毒処理が間に合わずに肝臓や胆管の肝細胞が壊れることで
血中に流れ出します。

 

血中に流れだしたγGtpの値の数値が血液検査で出てきます。
数値が高い=肝細胞が壊れているということなのです。

 

しじみとγGtpの関係って?

しじみを食べたらγGtpが増えるとか直接的な話ではなくて
しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸がアルコールを解毒する処理のお手伝いをする役割を持っています。

 

つまり、いままで肝臓が一人で頑張っていた処理をオルニチン君が一緒に作業する
だから肝臓の負担が減って、より多くのアルコールを解毒できることになります。

 

しじみは、ウコン同様にお酒を飲む前に摂取しておくのもおすすめですし
飲み屋さんの締めでしじみ汁がでたりするのは、アルコール分解を助けるためです

 

お酒を多く飲む日は、飲み会の前後でしじみを摂取すると肝臓の負担がグンッと減ります。